「遠隔教育実証研究」がありました。

         四年前から始まった本校の遠隔教育実践と研究

市内各校からICT担当の先生方がみえ、本校1年生の英語の遠隔授業の実践のようすを参観され、その後、これからの遠隔教育の在り方について研究協議が行われました。

研究協議の日でなくとも、本校では自宅での学習を余儀なくされた生徒や長期欠席の生徒たちに対して、タブレットによる授業参加ができる体制ができています。コロナの脅威もまだ無くならない昨今、遠隔教育の必要性は高まっていますが、課題も多いことは事実です。より質の高い教育の在り方について探求するため、伊奈東中では今後もさまざまな工夫と努力を重ね、実践と協議を継続していきます。