1年総合 職業について調べて発表しよう

1学年では、総合の「自己をみつめよう」の学習で、さまざまな職業について調べてきました。調べて分かったことをグループでまとめ、プレゼンテーションや劇などで発表しました。質問や感想を伝え合いながら、興味をもって楽しく発表したり聞いたりすることができました。

2年職業人講話 ~新聞記者~ 

2年生は、朝日新聞社の西崎さんをお招きして、職業人講話を行いました。

感染症対策及び寒さ対策から、各教室をZOOMでつないで講話を実施しました。

西崎さんから、新聞記者とはどういう仕事なのか、自分が新聞記者になった理由等を詳しくお話していただきました。

子ども達は、興味津々の様子で、しっかりメモをとりながら聞いていました。

 

 

 

 

質問タイムになると、子ども達は我先にと挙手をし、西崎さんに質問をしていました。

「これまで、何本くらいの記事を書かれたのですか?」

「仕事にいきづまった時は、どうされているのですか?」

「新聞記者になるためには、どんな資格が必要ですか?」等・・・

西崎さんは、子ども達の質問に丁寧に答えてくださいました。

本日の講話を通して、子ども達は新聞記者という職業を身近に感じたようです。

西崎さん、ありがとうございました。

3年生は今日も・・・

今週6日(火)・7日(水)に期末テストを行った3年生。

1日空けて本日は、実力テストが実施されました。

今週はテスト続きで、3年生の疲労もたまっていると思います。

週末は、体も心もゆっくり休ませてくださいね。

昼休みのグラウンドで

「ブラボー!」

グラウンドから、楽しそうな声が聞こえてきます。

これは、昼休みの1場面。

ワールドカップさながらに、3年生が先生を交えてサッカーを楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生も、息抜きが必要です。

小絹中生は、『オンとオフ』の切り替えが実に上手です。

2月のスキー体験学習に向けて

1学年では、スキー体験学習に向けての話合い活動が始まりました。学年集会で実行委員の紹介があり、その後は各学級でスローガン決めを行いました。実行委員を中心に、活発に意見を出し合うことができました。

2年生 12月の目標

早いもので、あと2週間後には冬休みとなります。

2学年では、冬休みを迎える準備として、自分達の学校生活をしっかり見直すための話合いを行いました。

その結果、クラスごとに目標を設定し、取り組むことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りの会には、学級委員を中心として毎日振り返りを行っています。

クラス全員で目標を達成し、気持ちよく冬休みを迎えてほしいと思います。

テスト期間

昨日は1・2年生の中間テストが、昨日及び本日は3年生の期末テストが行われました。

これまで、テスト勉強に取り組んできた子ども達。

頑張りの成果が結果として表れますように・・・

靴箱を見れば・・・

『靴箱を見れば、その学校の子ども達の様子が分かる』

といいます。

靴を脱いだら必ず揃えることができる人 = 自分のしたことの後始末をきちんとできる人

ふと、そういう言葉を思い出し、小絹中学校の靴箱を見てみました。

 

 

 

 

見てください。

どの学年、どのクラスの靴箱も、きちんとかかとが揃えられた靴が並んでいます。

気持ちのいい靴箱です。

1年美術 ダジャレ人形

1年生は、美術の授業で「ダジャレ人形」を制作しています。

美術室をのぞくと、一人一人が実に楽しそうに作業を進めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品が完成に近づいた生徒もいます。

「これは、どんなダジャレの作品ですか?」

質問をすると、みんな嬉しそうに弾む声で答えてくれました。

一部の作品をご紹介しますので、作品名を考えながらご覧ください。

 

 

 

 

「ゲタをぶんなげた」         「ラクダはらくだ」

 

 

 

 

「このカッター、誰がつかったぁ?」 「ブタがぶった」

 

学校生活アンケート

今朝の学びの時間は、毎月実施している「学校生活アンケート」です。

生徒が、学校生活の中で抱えている不安や悩みを、教師に伝えるためのアンケートです。

 

 

 

 

先生達は、アンケートの結果から、生徒一人一人に寄り添った個別面談や指導を行っています。

生徒のSOSに、即座に対応し解決できるよう、全職員で取り組んでいます。

1年総合 職業調べ

1年生は、総合的な学習の時間に、職業調べを行っています。

興味をもった職業について、本やタブレットを使って調査を進めています。

 

 

 

 

作業をのぞいてみると、デザイナーやイラストレイター、製造業や保育士等、様々な職業調べを行っています。

これから、調べたことをプレゼンテーションするために、オリジナルの作品づくりも行っています。

例えば・・・

 

 

 

 

〇製造業「ガチャガチャ」     〇保育士「カニの装飾」

 

 

 

 

〇イラストレイター「オリジナルイラスト」 〇デザイナー「オリジナルデザイン」

 

他にも、いろいろな職業が登場します。

プレゼンテーションに向けて、みんな頑張っています!!

2年総合 職業スクラップ新聞

2年生は、総合的な学習の時間に「職業スクラップ新聞」を作成しています。

自分が興味をもった職業について調べ、新聞記事をスクラップして、模造紙にまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのグループも、職業について分かりやすいように工夫しながらまとめています。

これから発表に向けて、リハーサルを行っていく予定です。

ALT訪問

小絹中学校には、2名の素敵なALT(外国語指導助手)がいます。

本日は、ALTの授業の様子を参観するため、校外からお客様が来校されました。

 

 

 

 

2名のALTは、子ども達の英語発音や国際理解の向上のため、授業の補助をしてくれています。

いつも明るく授業を行い、研究熱心な2人です。

3年美術 胡粉絵の具づくり

今週に入ってから、3年生の廊下に置かれた何やら不思議な画材。

ずっと気になっていましたが・・・

 

 

これは、昔の人が使っていた「胡粉(こふん)絵の具」の材料です。

〇胡粉・・・白い粉の絵の具

〇膠(にかわ)・・・ゼラチン質ののり

 

 

本日の美術の授業は、胡粉絵の具作りです。

胡粉と膠を混ぜ合わせ、こねていき、団子状にしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども達は、おそるおそるこね始めました。

「耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねてね。」

「つやが出るまで、パレットに百回たたきつけるんだよ。」

先生の指示に従って、みんな団子作りに励んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

全員楽しみながら、胡粉団子作りは進んでいきます。

 

そして、こんなにつやつやした、胡粉団子ができあがりました。

 

 

 

 

次回の授業では、胡粉団子を水に溶かし、張り子人形の下地として塗っていきます。

子ども達は、何でも購入できる現代とは違い、昔の人は手間をかけて画材を作っていたことを本日の授業から学んだようです。

3年 性的マイノリティへの理解を深めるために

小絹中学校では、性的マイノリティへの理解を深めるための授業を行っています。

本日は、3年生が授業を行いました。

 

 

 

 

LGBTの方の講演を、動画を使って視聴しました。LGBTとは何か、多様なセクシャリティとは何か、SOGとは何か、SOGハラスメントとは何か・・・子ども達は一つ一つ理解を深めながら、視聴していました。

 

 

 

 

視聴後には、性的マイノリティへの理解を深めるために今日からできることを、友達と伝え合いました。

「自分の価値観を他者に押しつけないようにしていきたい。」

「SOGハラスメントに気を付けていきたい。」

「どんな人にも思いやりをもって接したい。」等

子ども達は、さまざまな考えを伝え合っていました。

 

 

 

 

 

先生達も、多様性について自分の意見・考えを子ども達に伝えました。

 

 

これは、3年生のプリントです。このメモからも性的マイノリティへの理解の深まりが感じ取れます。

 

3年英語 日本文化の紹介をしよう

3年生の英語の学習で、日本文化を英語で紹介する練習を行っています。

本日の授業は、他校から多くの先生が来校し、子ども達の様子を参観されました。

 

授業開始時の子ども達は、いつもと違う雰囲気に少し緊張していましたが、授業が進むにしたがって、普段通り伸び伸びと学習に取り組んでいました。

 

始めは、前時に書いた紹介文の加筆修正からスタートです。先生方のアドバイスを受けながら、子ども達は自分が書いた紹介文と一生懸命向き合っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

修正が終わると、次はスピーチの練習です。①声 ②視線 ③原稿だけを見ない ④スピード のポイントを頭に入れ、練習が始まりました。

子ども達は友達とペアになり、タブレットでスピーチの様子を撮影し合いながら、練習を繰り返しました。

 

 

 

 

最後に、グループになって録画をチェックし合いました。それぞれのよい点と改善点を話し合いました。

 

今後、発表会を開く予定です。きっと素晴らしい発表会になることでしょう。

あいさつを交わして

「おはようございます。」

昇降口から、元気なあいさつが聞こえてきます。

本日から、生徒会役員立候補者12名による『朝のあいさつ運動』がスタートしました。

立候補者達は、自分の名前が書かれたたすきを肩にかけ、登校してくる友達一人一人とさわやかにあいさつを交わしています。

これから生徒会役員選挙に向けて、広報活動、校長先生との面談、演説等を行っていきます。

立候補者のみなさん、小絹中学校をよりよい学校にしていくために、頑張ってください。

収穫した野菜を使って

久しぶりに、調理室からおいしそうな匂いが・・・

本日は、コスモス・ひまわり・すずらん学級の調理実習日!

作るメニューは、「スイートポテト」「おいもの蒸しパン」「にんじんサラダ」「カレッティエッラ(トマトと唐辛子)パスタ」です。

材料は、全て自分達で育て、収穫した野菜達。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切る、茹でる、混ぜる、温める、盛り付ける・・・

一人一人が、自分の役割分担をしっかりと果たし、作業を進めていきます。

戸惑ったときには、先生に聞いたり、タブレットで確認したりしています。

みんなで力を合わせ、こんなにおいしくできあがりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想を聞くと、「みんなで作ると、思ってた以上に簡単でした。」「分からなくなったら、先生や友達に聞いてできました。」「おいしくできて、よかったです。」と、嬉しそうに話してくれました。

最後の片付けまできちんと行い、100点満点の調理実習でした。

1500m記録挑戦会に向けて

本日から、体育の授業で持久走の練習がスタートしました。

12月20日(火)に予定されている「1500m記録挑戦会」に向けての練習です。

友達とぶつからないように走るコースを工夫し、子ども達は黙々と練習に取り組んでいます。

避難訓練

「調理室から出火しました。避難経路の確認をし、静かに避難を開始してください。」

放送終了と同時に、素早く子ども達が校庭に避難を始めました。

本日は、火災を想定しての避難訓練です。

誰一人声を出すことなく、あっという間に避難が完了しました。

かかった時間は、わずか2分34秒でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

黙って素早く行動することの重要性と、命の大切さをしっかり理解している子ども達です。

 

消防設備検査

谷和原消防署さん・消防設備業者さん・市教育委員会の方々が、消防設備の検査を行ってくださいました。

火災が発生した時、設置されている消防設備が正常に機能するかを、一カ所ずつ丁寧に検査してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

校舎内だけでなく、体育館や武道場もまわりました。

高い場所に設置してあるものは、はしごや特別な器具を使って検査を行いました。

 

 

 

 

 

 

子ども達の命を守るために大切な消防設備、全てが正常でした。

検査を行ってくださったみなさん、ありがとうございました。

 

3年租税教室

土浦税務署の方を招いて、租税教室を行いました。

始めに、DVDを鑑賞し、日本の財政の現状や税の仕組みを学びました。

 

税がなくなると、どのような世界が展開するのかを知りました。

 

 

次に、DVDを鑑賞した感想発表や、税務署の方への質問を行いました。

 

 

 

 

中学3年生にもなると、たいへん税に関心が高く、活発な質問タイムとなりました。

 

1億円のレプリカも見せていただきました。「重いなぁ。」と言いながら、子ども達は嬉しそうに手にとっていました。

 

 

最後に、資料を見ながら、税務署の方のお話を聞きました。

今回の租税教室で、税の意義や役割をよく理解できたようです。

 

多くの方に見守られて

今朝の登校時の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全協会の方のお声かけで、地域の方が通学路に立ってくださいました。

危険箇所である「踏切付近」と「ヤマダ電気交差点」の現場確認と交通指導にあたってくださっています。

小絹地区の子ども達は、多くの優しい地域の方に見守られ、毎日安全に登下校することができています。