卒業式予行

68回目となる卒業証書授与式を金曜日に控え本日予行を実施しました。凜とした姿で参加する6年生の立派な態度で会場が引き締まりました。

式の後に行った授賞式では、みんなにすすめたい1冊の本推進事業教育長賞・県知事賞、県下水道促進週間コンクール佳作(作文の部)、体力優良賞などの賞状を授与しました。

朝の時間には5年生が会場を準備してくれ、予行にも素晴らしい態度で参加していました。

綱火研究発表会

本日は6年生が綱火研究発表会を行いました。

発表はZOOMにて行いました。発表の内容は小張松下流綱火の伝統について、口上について、使用されている楽器や人形や縄についてなど、それぞれが興味を持ったことについて調べたものを発表していました。6年生は綱火について理解を深め、伝統を継承していくことの大切さを学びました。

4.5年生は6年生の発表を通して綱火について理解を深めることができました。「6年生から引き継いだことを忘れずに綱火に取り組みたい」という感想がありました。

最後には6年生から綱火保存会の方々に感謝の気持ちを伝えることができました。直接お目にかかることができませんでしたが、6年生は心を込めて感謝をしていました。

薬物乱用防止教室 がん教育

本日は茨城県警少年サポートセンターの方とスクールサポーターの方が来校し、薬物乱用防止教室を行いました。

薬物乱用についての説明を動画やパネルを使って教えてくださいました。児童は薬物の危険性を^学ぶことができました。また薬物やタバコを誘われた時の断り方についても自分たちで考えることができました。

5時間目には5.6年生にがんについての授業を行いました。

なぜがんになるのかや、予防の方法を学びました。またがん経験者の動画を見て健康であることの大切さを再確認しました。

「生活習慣を整えようと思った」「大人になったらがん検診に行こうと思った」「家族を大切にしたい」などの感想がありました。