間宮林蔵顕彰会での研究発表


日本を代表する偉人の1人で,このつくばみらい市出身の偉人といえば…間宮林蔵ですね。4月15日(日),市立図書館において,「間宮林蔵顕彰会」の総会が開かれました。総会の後,本校5年生の女子5人が『間宮林蔵』についての研究発表を行いました。昨年,社会科の授業の一環で調べ,壁新聞にまとめたものです。

間宮海峡を発見するまでに,想像もできない苦労があったことを知りました。今から200年以上も前は,今のような乗り物もなく,歩いたり,そりや船に乗ったりして,2度も探検したことは,命がけだったことがわかります。

道具も,工夫していることがわかりました。

改めて,地図見ても,その探検がどんなに大変なものだったかのかがしのばれます。

『チャレンジする人』『努力する人』『最後まであきらめない人』…私たちは,今年5年生になったので,この間宮林蔵の精神をお手本に,豊小学校を支える力になれるようがんばっていきたいです。

4年「間宮林蔵」徹底調査!

自慢の顔 自慢の顔
 4年生は,社会の時間に「間宮林蔵」についての学習をしています。[:にこっ:][:オッケー:]そのまとめとして,新聞作りに取り組みました。(^_-)「つくばみらい」の副読本意外にも調べてみると,いろいろことが分かってどんどんと意欲的になりました。
自慢の顔 自慢の顔 自慢の顔 5グループとも納得のいく作品ができたようです。[:にひひ:]ご満悦な顔で,作品を横にパチリ!(^^)/~~~