咲いた!

種から育てたマリーゴールドが、花を付けました。まだまだ小さい花ではありますが、暑さに負けずに成長しているのが嬉しいです。

平日は環境園芸委員さんが、休日は職員が当番で水やりをしています。

保健室前には

養護教諭の手作りの掲示物があります。クイズになっていたり立体になっていたりするので、子供たちが楽しみながら自分の体について学ぶことができます。

楽しい!!

1年生は生活科で水遊びをしていました。

ペットボトルの水鉄砲や水に浮かべるふね、しゃぼん玉など笑顔で楽しそうに遊んでいました。

職員も勉強しています(職員研修)

20日(月)の児童下校後、食物アレルギーに関する職員研修を実施しました。

児童の生命・安全を守るため、全職員で役割分担や優先順位を話し合うなどしました。保健関係の研修は、夏にも予定しています。

職員室にはアレルギー対応の掲示があり、全職員が毎日確認できるようにしています。

ポンッ

職員室にいると、体育館のほうからポンッと楽しい音が聞こえてきました。

見に行くと、4年生が理科で空気でっぽうの実験をしていました。2つのスポンジの間隔を変えると、押し出す力が変わります。どうすれば遠くに飛ぶかを考えながら、何度も挑戦していました。

できるようになったよ

ICT支援員に教えてもらいながら、1年生がタブレットの操作を練習していました。学習ソフトを操作して、自分のペースで練習問題を解くこともできるようになりました。「100点とったよ」と嬉しそうにしている子もいました。

読み聞かせがありました

朝、1年生の学級でPTAの方による読み聞かせがありました。1年生は、スクリーンに映し出された絵本に釘付け。「わーっ」「うふふ」お話の展開に驚いたり笑ったりしながら、楽しい時間を過ごしていました。

心が洗われるようでした

昼休みには、週に一度の本の貸出しを心待ちにしている児童がメディアセンターに集まってきました。

慌てて脱いだ上履きや後の人に踏まれてしまったりして乱れていた上履きを、児童が自主的に整えていました。誰かに頼まれたわけでもなく、さりげなく行動してその場を後にする姿に心が洗われるようでした。

季節を感じる

本校の玄関や廊下には、職員が自宅から持ってきた季節の花などが飾られています。

プランター用に、マリーゴールドの種をまきました。本葉が何枚か出たら、1株ずつ植えかえます。世話をしていたら、子供が「なんの芽?」「どんなお花が咲くの?」と興味をもって話しかけてくれました。